So-net無料ブログ作成

中国人は・・・ [それって劣等感だよね!]

前の記事で「ネットの言うことなんか信じないで、自分の嗅覚で嗅ぎ取った情報を信用して下さい。」なんて調子のいいこと書いたのに、私にはまったくそれが出来ていなかったというお話です。


M氏の恩師の先生は沖縄に住んでいらして、M氏が人なつっこく寄っていくものだから、卒業後40年も経った今でもお付き合いがあります。


ある時先生の奥様が電話を下さって、ついついいろいろな話になった結果、先生の息子さんの奥様が中国の方だと伺いました。

「えっ?中国人?怖い人ではないですか?」と私は思わず聞いてしまったのです。


先生の奥さまは絶句なさいました。「どうしてそんなことおっしゃるんですか?」

言われてみればその通りです。返す言葉がありません。

私はしどろもどろで「中国の人はみんなキツイし、強い人が多そうだから・・。」と答えました。


息子さんのお嫁さんはとっても優しい人で、奥さまと別れる時に泣き出しちゃうような可愛い人なのだそうです。


私の中の中国に対する意識。それが生み出した中国と言う国に対する偏見。それは更に、それを助長するようなネットの情報ばかりに注目し、さらなる偏見を生み出していたのかもしれません。


ネットやテレビの知識以外に、実際に自分が経験したささやかな対中国体験と言えばネットでの購入でした。
それは確かにあまり気持ちのいいものではありませんでした。
一言で言えば見てくれ=商品の写真と中身がまったく違うのです。
日焼け止め帽子を購入したのですが、こうなると紫外線遮断率100%というのも怪しくなってきます。


そういうことが一度でもあると信用が無くなります。次にはこの店では絶対に買いたくないと思います。そしてお客さんが離れていきます。


私たち日本人はそうなることが一番怖いから、常に「良いもの」を同じ品質で売り続けようと思います。努力し続けます。

ところがかの国ではお金が全てです。儲かればいい。騙される方が悪い。


だけれども、それは私の人生でたった数回のことです。全部の中国製品を買ったわけではありません。
ましてや、中国人と話をしたことなどありません。(台湾の人ならありますが)


私の中の偏見が、「中国人はいい人だったよ。」という話を疑り深く聞き、「中国人はひどいやつらだ。」という話をそれみたことか!と思っているだけに過ぎません。


華々しい成長をもはや望めない日本が、勢いを持って上り詰めようとしている中国に抱いているジェラシーなのかもしれません。


中国には13億人もの人々が居ます。それを十羽一絡げにして「中国人は・・だ!」と言うことは決してしてはいけないことなのだと思い知らされました。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 1

いっぷく

コメントありがとうございました。
全日制の高校では学習についていけないとか
不登校や病気で毎日学校に通えない子でも
受け入れてくれる学校なので、むしろ
高校の選択肢は多いと思います。
by いっぷく (2017-10-01 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント