So-net無料ブログ作成

女性のための坐禅(座禅) [どうしても知って欲しい大切なこと]

今私は「坐禅ガール」という田口ランディさんの小説を読み始めています。

タイトルにつられて買ったのですが、この本のことはまた改めて書かせて頂くことにして、

彼女が「男たちばかりではなく、女性たちだって座禅をしてもいいじゃないか。」ということを書いていらっしゃるのに共鳴しています。


今晩から明日にかけて寒波がやって来るようですね。

福井県の曹洞宗総本山の永平寺で修行している修行僧たちは、寒さに耐えて過酷な修行をしていらしゃることでしょう。あの長い廊下を、毎朝裸足雑巾がけしているのでしょう。どんなに辛い事でしょう。


ああいう修行は、出来る人がすればいい・・と言ってしまったらお叱りをこうむるでしょうか?


もちろんわかります。人間の限界を超えてこそ見える世界があるってことを。

自分を打ち破るには、限界を超えなければならないってことも。

限界を超えるには、難行苦行が必ず必要になるってことも。


敵を倒して、自分が生きる戦国社会は、現代社会にも通じる競争の世界です。

こういう世界を日々生きている人には、自分を更に大きくして、上へ上へと登る修行の坐禅(座禅)が必要だと思います。

それこそが永平寺の修行の坐禅(座禅)であり、禅寺で修行する多くの人々の姿なのだと思います。


私にはそれが出来ませんでした。なぜなら、怠け者だからです、辛いのが大嫌いだからです。


その結果、入門以来30年が過ぎて、私はただの初心者。いっしょに入門した人々のほとんどは、和尚という位をもらって、更に修行に励んでいます。


彼らを羨ましいとは思いません。だって初心者でも、私は坐禅(座禅)で幸せになれました。あの頃のように作り笑顔などしていません。毎日の私の笑顔は、幸せでたまらない笑顔です。


女性が坐禅したってもちろんいいのです。

それは戦う男たちの辛い坐禅じゃなくてもいいと思います。

私のように、出来る範囲で、無理しない坐禅でも・・・。


坐禅は幸せの宝箱です。(^-^)


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント