So-net無料ブログ作成

身体が弱ると気持ちも弱る [それって劣等感だよね!]


これって、きっと皆さまも経験があると思います。

私もインフルエンザの数日、まるで坐禅を知る前に戻ってしまったように、いろいろなことが不安で不安で仕方ありませんでした。


その日はたまたま気の置けない親戚の集まりの日だったのですが、もちろんインフルエンザになったというので急遽欠席することに・・。


寝ていると、おかしなことを考えるんですね。

中に一人、遠くから今回初めて駆けつけてくれた彼女がいました。

とっても美人の、みんなのあこがれの的みたいな人です。

その彼女とは、それまで、私が一番行き来していて、一番親しかった訳です。


それがだんだん気になってきます。

今日私が行かなかった間に、みんな急速に彼女と親しくなるだろう。

私よりも彼女と親しくなっちゃう人もあるかもしれない。


そして、なんだか妬ましいような気持になってしまったのです。


私って、こんなに気持ちの狭い人間だったんだろうか?


でもほっとしました。

インフルエンザが治って元気になると、そんな気持ちは嘘のように消えていました。

彼女が「楽しかったわよ。」ってLINEをくれて、ああよかったなあと普通に思えて安心したのです。


病気でエネルギーが落ちていたり、ストレスで落ち込んでいるときには、どうも変なことを考えてしまうようです。

そんな時に、そんなこと考える自分が嫌いになって、ますます悪循環に陥るのはやめましょう。


今は変なことを考えてるけど、元気になれば、十分眠れば、ちゃんと普通の判断が出来る私が戻ってくる!


こんなこと考えるのは身体が疲れていたり、病気だったりして、エネルギーが落ちているだけ。


そう考えなおして、「今だけ特別のブラックな私」を赦してあげて下さい!


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント