So-net無料ブログ作成

敗者の美学 [それって劣等感だよね!]

長野と松本の話は「九子のダメ母の(証)日記」にたまに登場します。

私は長野市民だし、なんと言っても長野は県庁所在地なのだから、長野県で一番の都会であってほしい。


ところがねえ、そこに横たわるのが松本なんです!

信州大学の本部も松本、信州大学付属病院も松本、小平奈緒さんで有名になった相澤病院も松本、日本銀行も松本、セイジオザワも松本、パルコもイオンモールも松本、サッカーの山雅もマツモト!

その上悔しいことに街の活気やおしゃれさだって、長野は一つだって勝てない!


女優さんやタレントさんも松本出身は池上彰さんとかちょっと前の秋本奈緒美さんとか、大活躍の人ばかり。長野出身は清水アキラ島田秀平とか、もう中学生?、芸人さんばっかりです。


昔は考えるだけでお腹がキリキリしたものですが、寄る年波は悪いことばかりじゃなくて、だんだん長野の「負け」を素直に受け入れる度量が出来てきました。(^^;;


まあそんな風にすべて割り切れるわけではないんだけれど、「負け」を受け入れるとイライラが減ります。


嫉妬心というエネルギーそのものが不健康なエネルギーですから、そんなものはなくなったほうがいい!


年を取ってエネルギー無くなると、嫉妬するエネルギーも無くなる。それならそれでまあいいではありませんか。(^^;


日本はこれから、負けることに慣れなくてはいけないのかもしれません。トップランナーで走ってきた時代はもう過去の話。中国にはとっくに抜かれ、韓国にも早晩後れを取ると予想されているそうです。


負けることは恥ではありません。「負けるが勝ち」という言葉はこの国で育まれたのではないですか? 「判官贔屓(びいき)」もそうでしょう。


勝ち負けの判定など、所詮人間の浅知恵でしかないのです。何がよくて何が悪かったのか、すべては時間の流れにゆだねてみるしかないのです。


坐禅をして堂々としておりましょう。慌てず騒がず、日本人の価値観で、日本人らしい生き方を忘れないで、誰が何を言って来てもびくびくおどおどしないで、損得を考えず、正しい判断をしましょう。


正しい判断が出来なかったと悔しい思いをしたとしても、結果は後からついてきます

こういう風に思えるようになったのは、やっぱり坐禅(座禅)の力です!

いつもいつも最後はこればっかりですみません。m(_ _)m


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:健康