So-net無料ブログ作成

一日に何回「すみません。」を言っていますか? [気楽に読んでね(^-^)]

私たち日本人のなかで「他人を怖いと思う。」傾向にある人は割合多いと思います。

他人が怖い日本人が多いということと、「すみません」を言う習慣には何かつながりがありそうに思えませんか?


よく考えてみると「すみません。」を「有難う!」と置き換えるべきなのに、ついつい言い慣れた「すみません。」を使ってしまう人、たくさんいるのではないでしょうか?


有難う!」は他者と対等です。ところが「すみません。」には卑下の気持ちが入りますよね?


「すみません。」は日本人同士のコミュニケーションにとってとても大事な言葉です。この一言が言えないために、喧嘩をしたり、恨まれたりした人だってたくさんいるでしょう。


日本人同士ならすぐに理解しあえる「すみません。」が、外国で何気なく”Sorry.””Excuse me.” と同様に使ってしまった結果、それは自分に非があると認めることになり、莫大な賠償金を払わされたという話はあちこちで聞きます。


まあそんなことまで持ち出さなくても、「すみません。」の使い方を特に国外では慎重にしましょう。


日本人はただでも人がいい。騙されやすかったり、お金に淡白だったり・・。


私たちはお金で片が付くなら面倒なことに巻き込まれるよりずっと良いと考えてしまいますが、お金を取られるのは絶対に嫌だと思う人々がたくさんいる。その方が多数派なのかもしれません。


あなたは「すみません。」を一日何回言っていますか?

職種や立場によっても違うと思いますが、わたしはたぶん50回くらいは言っていると思います。


日本人同士の日常では、確かに「すみません。」は潤滑油になります。

運転中「すみません。」と会釈されて横断歩道を渡られるのは気持ちのいいものです。


だけどよく考えてみると、すみませんと言って頭を下げるのは、確かに自分を相手よりも見下す姿勢になります。そういう動作を一日数十回するというのは、自分の中のプライドに楔を打ち込む行為だとは言えないでしょうか?


私の親せきのように10歳で「人間はみんな同じだ!」を悟り、世の中の人を誰も怖いと思ったことがないというような人は例外でしょう。


「私、少しずつでも強くなりたいわ。」という人は、まず「すみません。」を「有り難う。」に替えていくべきだと思います。


今年もいよいよ押し迫りました。

良いお年をお迎えください。(^-^)




nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

アフラックのガン保険のCMは嫌い! [気楽に読んでね(^-^)]

山崎弘子さんというガンなのに明るく生きる患者モデルが亡くなり、また新たに男女お二人のガンと闘う人々がアフラックのコマーシャルで取り上げられるようになりました。


この三人は本当に強いです。とにかく明るい!


何度ガンに襲われても自分の出来る限りの様々な治療法を試す。ガンを治療するために足を切断しても、義足で走る陸上選手になる。

お金が底を突こうと、治療がうまくいかなかろうと、めげないで前を向く

確か山崎さんは結婚もされたんでしたね。


そういう人を見ると、なんとなく自分のちっぽけさを指摘されているような気がします。そんなとこでめそめそしてないで「あなたも頑張って!」と言われ続けているような気がします。いや、アフラックの狙いもそこにあるのだろうけれど・・。


ご存知のように「頑張って!」はうつ病患者には禁句なのだけれど、同じようにいろんなことを人並みに出来ない私のような人間にも「頑張って!」は聞くのが辛い言葉なのです。だって、頑張っても出来ないことがいっぱいあるからです。


世の中にはいろんな人間がいます。ガンになっても明るく闘う強い人ばかりじゃないと思います。泣いて、怒って、何かをたたき割って、他の人じゃなくて自分がガンになった不条理を嘆く人だっているでしょうし、自殺まで考えて、すんでのところで救われる人だっているかもしれないでしょう?


私はそういう人の話を聞きたいのです。ああこの人、私と同じだなと思えて安心出来るからです。ガンになってみんなこんなに苦しんだ!人の見えないところで胸をかきむしって不安と戦った!

そういう話なら、弱い私の心に寄り添ってくれるし、私も泣いていいし、頑張らなくてもいいんだなと思えます。


私は幸いなことにまだガンになっていないけれど、ガンになったら、アフラックさん、弱い私をコマーシャルに載せてください。

泣いてるとこや、怒ってるとこや、憤慨しているとこや、悪態ついてるとこを撮って流してください。


そうしたら、きっとガンに苦しんでいる人たちも、頑張れない人たちも、それを見て救われる人がたくさん出てくると思うんです。

 

★前回お約束した「いい坐禅とはどんな坐禅か・・・。」はまた後で書きます。<(_ _)>



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

こういうあなたに坐禅(座禅)をしてほしい。⑤上 [どうしても知って欲しい大切なこと]

★ネクラがどうしても治らない

人は二つのタイプに分けられる。悲観的な人、すなわちネクラの人と、楽観的な人。そしてそれは生まれつき決められたもので、その性格を変えようとしてもなかなか変わらない。


私もずっとそう思い込み続けていました。私はネクラだから、楽観的に考えられる人が羨ましいけど、持って生まれた性格で、そうやすやすと変えられない。こういう性格に生まれついた運命と思って、折り合いをつけながら生きて行くしかないと考え続け、半ばあきらめていた私でしたが、坐禅で嘘のように変わることが出来ました。

ネクラがネアカになったのです。

(ネアカって言わないんですってね!ネクラの反対だからネアカていうんだと思ってどんどん使ってました。(^^;;)


このあたりが坐禅の最大の威力かもしれません。性格などという、まずは変わりっこないものが嘘みたいに変わってしまう。


坐禅をする前はいろいろなことが不安になりますね。バカみたいですけど、これからの日本はこんなに借金抱えて、技術もどんどん先越されて、少子高齢化で勢いがなくなり、中国韓国にやられっぱなしで、一体どうなっちゃうんだろうとか、そういうことが一番大きな不安の種ですね、私の場合。私なんかが考え込んでも仕方がないのはわかってるんですが、どうしても考えずにはいられない。

それはすぐに子供たちの未来に直結することですから・・。


そういう時は坐禅をするんです。

不安が強い日はより入念に揺身(ようしん)という身体を延ばす準備運動とか、気一息(かんきいっそく)という本番の坐禅の呼吸を始める前の深い呼吸などをしっかりとゆっくりと行います。

身体にこれから坐禅を始めることをしっかりと教え込むように。


揺身や欠気一息が十分でないと、良い坐禅が組めません

私も時間のない日など、ついついこれをはしょおってしまいがちですが、結局は深い呼吸に入れずに、また坐りなおしたりする羽目に陥ります。


なんでもそうでしょうが、基本がとても大事なのです。


禅寺へ行っても、坐禅のあの足の組み方、すなわち結跏趺坐(けっかふざ)がどうしても出来ないという人いらっしゃると思いますが、無理をしないで椅子を借りて坐ってみてください。


一番大切なのは呼吸です。足など組まなくても姿勢をよくして深い呼吸が出来る態勢であれば、いい坐禅が出来ます。


いい坐禅とはどんな坐禅か・・・。そしてネクラの私は坐禅でどうなったのか。

次回お知らせいたしましょう。(^-^)


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

こういうあなたに坐禅(座禅)をしてほしい。④ [どうしても知って欲しい大切なこと]

上司に叱られると落ち込む

誰だって叱られるのは嫌だけど、中には叱られても気にしない人や、すぐに右の耳から左の耳へ抜けちゃう人だっていますよね。

あなたはそういうことが上手にできますか?

 

私はずっと人間が怖かったから、それが影響力の強い上司であったなら、叱られるまで行く前に、機嫌が悪い顔されるだけでもおどおどびくびくしてました。

自分が何か悪いことをしたのかと思い、思い当たることが全然なくても、自分のせいに違いないと思っていました。

 

人間、ある一瞬を切り取れば機嫌が悪いと思われる表情をすることもある。よしんば機嫌が悪くても、時間をおけば元通り機嫌よくなることも往々にしてある。

 

そんなことがわかるようになったのは坐禅をしてからです。それ以前は、いつも何かあると自分が悪い、自分のせいだと感じていたのです。

 

私の親せきに小さい頃から大物になると言われていた彼が居ました。

勉強は大嫌いなので成績はそんなに上の方じゃ無かったかもしれませんが、びっくりするのは10歳の頃に彼は「人間なんかみんなおんなじだ!」ということを悟り、以来彼は物怖じということをしたことがないそうです。どんな人も怖いと思ったことがないそうです。

 

彼は培った人間力で彼のためならすぐに動いてくれる何百人もの友達を作りました。そして実業家として大きな仕事をしています。

 

人間が怖いのも怖くないのも、その人なりの性格かもしれません。もちろん人間が怖くない人の方が世の中へ出て成功しそうです。

 

性格なんだから、仕方ない。私は気弱に生まれて他人にびくびくする性格なんだからしようがない。

 

そう思って一生我慢していますか?

もしあなたがサラリーマンなら、そんなあなたの性格は仕事の上でマイナスに働きませんか?

 

そんな時にとてもいいのが坐禅です!

坐禅の呼吸が整うと、誰かが怖かった気持がす~っと薄まってきます。

 

今日上司は機嫌悪いな。奥さんとケンカしたのかな?部長に怒られたのかな?

上司の機嫌が悪いのはいつも自分のせいと思ってたあなたの選択肢に、いろいろな可能性が生じて、いつの間にか「上司も人間!」というのがわかってきて、ついついにやにやしてしまう。

 

そんなあなたにきっと変われますよ。(^-^)






nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

こういうあなたに坐禅(座禅)をしてほしい③ [どうしても知って欲しい大切なこと]

他人が怖い。


私は物心ついてから坐禅に出会うまで、ずっとこういう気持ちを隠して暮らしてきました。特に上京して一人で暮らすようになってから、薬大の同級生はみんな「凄い人たち」ばかりでしたので、自分が引け目を感じていることを必死で隠して、顔ではニコニコ笑いながら、心の中では泣いてばかりいました。


彼らは何が「凄い人たち」だったか?それはなんでも自分の考えで物事を進めることが出来たから。小さな例を挙げれば、たとえば実習の時間。手を使い、目を使い、頭を使って、最終生成物を作り出し、レポートにそれをまとめ上げる。そういうことを楽々とやってのける人がクラスの大半でした。

そしてもっと大きなことを言えば、彼らは自分の生き方を自分で決められました。


私のように親がかりではないのです。

私のようにおどおどびくびくではないのです。

迷いながらも一歩一歩、自分の頭で考えて、最終的に判断を下して、自分の人生の方向を自分で勝ち取っていけたのです。


一人前の大人なら、それは当たり前のことでしょう。

でも未熟な私には、ものすごい事をやすやすとしているどうしようもなく強い人たちに思えて、彼らが怖くて怖くて仕方がなかったのです。










nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

こういうあなたに坐禅(座禅)をしてほしい。② [どうしても知って欲しい大切なこと]


昔は優等生だったけど、お勉強しかやってこなかったから社会に出てからうまくいかない。自信がない!

そんなあなた、是非坐禅をしてみましょう。



私は、人生の仕事量があなたの何分の一かもしれない、お昼寝大好き人間です。

いつも、何をするにも、誰よりも早く脱落する根性なし体力なしでもあります。


「あんたはお勉強だけやってればいいの。それ以外のことはママが全部やってあげる!」と私の出来すぎ母は言いました。素直な私は、母の言うとおりに育ちました。友達もいない。おうちの中以外では心休まる場所のない一人っ子でした。


高校生までは優等生でした!でも、それからは・・。


大学に行くために上京し、一人暮らしをしてみると、自分がどれだけ他人が当たり前にやっていることが出来ない人間なのかを痛感させられました!


そして、劣等感の中で、ひたすらママを恨んだのです。

「どうしてママはあんなにいろんなことをやってくれたの?どうして少しでも私が自分でするように仕向けてくれなかったの?」


「友達はみんな自分で出来る!ここまで差がついちゃって、どうやって追いつけって言うの?」


今、うまくいかずに悩んでいる人々の中には、かつての私みたいに、「自分が出来ないこと」への劣等感が強くて、周りと比べて、あるいは特定の誰かと比べて今の自分が不満だ!だから不幸だ!という方々、いらっしゃいませんか?


坐禅をしてみてください!

怠け者の私が変われたのです。


私と同じような怠け者のあなたでもきっと変われます!

ましてや努力家のあなたが変われないはずはありません!

一歩踏み出す勇気があれば、あなたは変われます。(^-^)

 

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

こういうあなたに坐禅(座禅)をしてほしい。① [どうしても知って欲しい大切なこと]

 今ちっとも幸せじゃないあなた!楽して幸せになる坐禅を始めてみませんか?

 

 

大学時代から二人目の子供が出来るまで、私はほとんど暗い気分の中に居ました。

要するにちっとも幸せじゃなかったのです。

理由は自分が世の中の落ちこぼれだと気が付いてしまったから・・・。


高校生までは優等生だったからなおさらでした。

実際には、ありえないくらい幸せな人生だったにもかかわらず・・・・。


そんな私は人生で初めて、いろんなを読み出しました。たいていは「幸せになる本」!


ところが、そういう本には難しいことばかりが書いてあったのです。

考え方をこう変えなさい!否定的な考えが浮かんだらノートに書いて集めましょう!

朝早く起きましょう!

とか、何とか。


そういうことってすぐ出来ますか?面倒くさいでしょ?私には3日と続きません。

考え方を変えるに至っては、何十年も形作られた考え方の癖を、そんなに簡単に変えられる訳がありません!


何冊読んでも結果は同じでした。結局自分には出来っこないことばっかりだったのです。

ああ、どこかに、「楽して幸せになる本」って転がっていないだろうか?


結局本は見つかりませんでした。そして私の暗い日々は続いていったのです。


きっかけは偶然でした。善光寺の裏側にある禅寺、大本山活禅寺

ここで習った坐禅(座禅)が、最終的に私を変えてくれたのです。


坐禅をする前と、坐禅をした後、自分はまったく変わらないのに、不幸で不幸で蹴飛ばしたいような人生だったはずが、なんだか幸せで幸せでたまらない


「楽して幸せになる本」には出会えなかったけれど、「楽して幸せになる方法」を私が手に入れた瞬間でした。

 



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ごめんなさい!!! そして言い訳 [気楽に読んでね(^-^)]

ああ、また間が空いてしまいました。

ご心配なく!ウツにかかったわけではありません。

書く気が起こらなかったのです。(^^;;


ご存知の通り、このブログは「坐禅の本」宣伝のつもりで書いています。

ところがこの「坐禅の本」の出版というのが難しい!


何しろ東京出版社を回り始めてからかれこれ10年近くが過ぎてしまいました。


ところでもう2か月近く前ですが、ある編集者さんに原稿を託すことが出来ました。

もちろんそれは見て頂けるという口約束だけで、何かが決まったわけではありません。

その上その方はお身体の調子が良くないので、無理をお願いする訳にもいきません。

じっと返事を待っているだけの日々です。

 

それでも、原稿が手元にある時には頻繁に手を加えていました。読み直すたびに、修正した方が良いと思える箇所が次々現れるのです。だから、原稿直しが忙しかった。!

ちょっとしたところの手直しを含めたら、もう何万回も書き直しています!


幸いなことに今は目の前に原稿がありません。原稿に煩わされる時間は大幅に浮きました!


ならばなぜ、このブログを書かなかったの?


決まっております!私が怠け者だから・・・。(^^;;


私の「坐禅の本」には、等身大の私が書かれています。

偉い人が書いた本じゃないから、「あっ、私もそう!」って思いながら読んでもらえると思います。


そうか。これからしばらく、「坐禅の本が出来たらこういう人々に読んで欲しい!」というところを書いてみましょうか。


前にも同じようなこと書いてるかもしれませんが、なるべく重複しないように書いていきたいと思います。


まあ期待せず。


よろしくお願いします。<(_ _)>

 

★皆さま、ドジな私は今気が付きました。

「ママ、時々うつ」にnice!をたくさん下さっていたのですね!自分の中ではいつまでも「九子の」の方がメインで、ご訪問は長いこと「九子の」にnice!下さった方々だけになっておりました。「ママ・・」の方は書くばかりでほとんど読み返していなかったのです。

nice!コメントの通知設定もし忘れておりました。

 

このからくりにようやく気が付きましたので、以前からのお友達の顔を見に、また伺いたいと思います。

 

長らくのご無沙汰、大変申し訳ありませんでした!<(_ _)> <(_ _)>


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

うつ病に効くのはお医者さんの薬だけです! [どうしても知って欲しい大切なこと]


最近伝え聞いたのですが、薬剤師さん、特に漢方薬局の薬剤師さんにとんでもないことをおっしゃる方がおいでのようです。

 

うつ病を治すのに不可欠なのは、相性の良いお医者さんに診てもらい、種類は少なくてもいいから十分な量の薬を出してもらい、よく休んで養生をする。


私はこう信じていますし、私以外の優秀な薬剤師さんたちもみんな同意してくださると思います。

治療の方針としてもこれが一番正しいと思っています。


ところがその薬剤師さんの言うことはまったく違っていました。


漢方薬局の薬剤師さんだけあって、高い漢方薬自然食品を薦める。

それはまあ良しとして、うつ病の人に「医者の薬は化学物質だから安心安全ではない!

医者の薬なんて効かないから身体に優しい漢方で治しましょう。」と言う!


最初に聞いたときあきれかえりました。

私が「うつ病はお医者さんの薬を飲まなければ治りませんよ。」と申し上げると、その人はなんと!

「そんなこと言う薬剤師さんにはじめて出会った!」と言うではありませんか!


私は知識の量では最低の部類の薬剤師だと思っていますが、その私を震撼とさせるようななんたる恐ろしい薬剤師さんです。


漢方薬だけ飲んでお医者様の処方薬を飲まないなんて、何も治療していないのと同然ではないですか!もしその人の症状が悪化して自殺でもしてしまったらどうするのでしょう?

薬剤師さんは責任を取れるのでしょうか?


うつ病は大雑把に言って、脳内のセロトニンという化学物質の量が減ってしまうためにさまざまな症状が出る病気です。だから脳内のセロトニンの量を増やすような薬を飲みます。


お医者さんの処方薬は、長い研究の結果セロトニンを増やすということが証明された薬ばかりです。


漢方薬が悪いとは言いません。でもそれらは、本当にセロトニンを増やすという証明はできているのでしょうか?


少なくとも処方薬の補助薬として漢方薬や自然食品を薦めるというならばいいでしょう。


でもそうでないのなら、漢方薬局さんの言うなりに漢方薬だけを飲むのは危険です。

 

どうか皆様もくれぐれもご注意下さい!


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

出版不況 [気楽に読んでね(^-^)]


 すみません、またこんなに更新が遅れました。

 言い訳は言いません。こういう人間です。

 実は・・・・(って言い訳してるじゃん!(^^;;)

 また坐禅の本の出版に気持が行っていました。   

 まだまだあきらめません。


 でも、耳にするのは最近の出版界のお寒い事情ばかり。

 いかに本が売れないか。初版と言われる最初の刷りが、以前は

 1万冊とか当たり前だったようです。

 ところが今はその三分の一。それでもさばけない。


 結局出版社が考えることは、売れる作家さんの売れるだけをひたすら出版する。

 こんなど素人のよくわからない坐禅の本を出版する余裕など無いのだそうです。 


 う~ん、困りましたねえ。

 でもなんとか世に出したい。    


 頑張ります!まだ何か所か当たりたい出版社はあります。

 でももうこの辺で腹をくくらなきゃならないかもしれません。


 10年前、はじめた時は私もまだまだ若かった。  

 でも私がもたもたしている間に、本を見せたかった私の恩人が何人

 亡くなってしまったことか。


 なんとか来年の今頃までには形にしたいと思っています。

 少なくともそれまでは、このブログを続けるつもりでいます。

 よろしくお願いします。 <(_ _)>    


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ: