So-net無料ブログ作成

もう一つの再請求 [とんでも人間、とんでも薬剤師]

落第薬剤師の私には、落ち込むことは未払いの再請求ばかりじゃあありません。

先日ただでさえ少ない保険請求に間違いが見つかって返戻されました。


何がいけなかったかというと、書かなきゃならないことを書き忘れていたのです。


もしもある薬が0.5錠と書かれていたら、これは薬を半分に割って半量にして出す。

睡眠剤などの効き目のデリケートな薬に多い出され方です。


私なんかはそんな時、0.5錠なんだから切れ目のとこで半分に割るに決まってるでしょ!と思ってしまうのですが・・・。


そう単純に思い込んでしまうからこそ、今回みたいに返戻されてしまうのですが・・。


考えてみたらもう一つ方法があったのです。同じ規格粉薬で出すというやり方です。

まあでも単純に0.5錠とあれば、半分に割るほうが素直じゃないでしょうか?


結局そういう二種類の方法があるために、それぞれによってかかる薬の値段が違ってしまうので、備考欄にその区別を書かなければならなかったのです。

今回私の提出したレセプトが戻ってきてしまったのは「割線にて二分割」の一行が足りなかったからです。


保険請求の審査の人は本当に細かいことを見つけては払い戻ししてきます。払い戻しとは、保険請求の費用が薬局に入らないことです。間違ったところを治して再請求して初めて、お金が入ってきます。


保険財政は赤字ですからね。仕方ないですが、男女を間違えたことくらいは見逃してくれたっていい気がします。キラキラネームではわかりませんが、今のおじいちゃん、おばあちゃんの名前くらい誰が読んでも男女の区別は鮮明だと思いますから。間違ったんだろうってその場の判断で直しといてくれればねえ。(^^;;


まあそういう訳で、私には次から次へとへこたれる原因が湧いて出るのです。


それを坐禅(座禅)で、なんとかだましだまし毎日を幸せに暮らしています。(^-^)


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康