So-net無料ブログ作成

困った大人 [どうしても知って欲しい大切なこと]

私が欠点が多い人間であることはもうみなさんご承知の通りですが、私の最大の欠点は集中力が無いことと、エネルギーが無くてすぐに疲れ、へこたれてしまうことだと思います。
 この二つはどこかつながりがあるような気がします。


 遠い昔、出来すぎ母は私がやるべきことをみんなやってくれました。可愛い娘がなんにもやらないですむように、何時も気を配っててくれたのです。
 私はお勉強だけやっていればいいという訳です。


 たぶん私が黒柳徹子さんみたいな子供だったらちょうどよかったかもしれません。自分でやりたいことが多すぎて、次々目移りしていくような子供であったなら・・。

 ところが私はもともとあんまりエネルギーの無い子供のようでした。
 
 母がなんでもやってくれるのをこれ幸いに、自分の世界に閉じこもり何もしないでくだらないことを考えているようなタイプだったのです。
 
 というか、ママがやってくれる分、自分の手足を使って生活する必要はなかったし、それなのにわざわざ手足を使って別のことをするなんて億劫だったのでしょう。

 そう、億劫というのが問題です。


 ごくたまに薬剤師づらしますけど(^^;;、ステロイドは怖い薬だという認識をお持ちの方多いと思いますが、ステロイドが怖いのは、ステロイドに頼って身体が怠け者になって、 本来分泌すべきホルモンを分泌しなくなってしまうからですよね。


結局母にいろいろやってもらう分、私は怠け者が加速して、本来自分でしなきゃいけないことや、自分で考えなきゃいけないことをどんどん母に任せてしまったと言うわけです。


 その挙句、私のエネルギーはどんどん小さくなって行きました。
 エネルギーとは、自分でこれがやりたい、あれが好きだ!と思うエネルギーのことですね。
 平井信義先生おっしゃるところの「自律性」ですね。
 
 もしも黒柳徹子さんだったら、こういう母であっても、充分に自分本来のやりたい欲求が大きかったからそんなにエネルギーの小さい子に成らずにすんだと思います。

 ところが私の場合は、昔から素直で良い子の、親に反発などしない娘でしたから、エネルギーなど最小限。
 その上、野山を遊びまわることも無ければ、けんかをした経験もない訳なので、エネルギーを補充するなんていうことも出来っこない。

 

手足を動かすのにも、それをするために考えるにもエネルギーが必要です。自分でやりたいことも無い、何をする必要も無いとなれば、手足の力もエネルギーもどんどん劣化して行きます。 
 
 それが今日の私の体たらくの原因になっているわけです。(^^;;

 何でも器用にこなせる人は、たぶん小さい頃手足を充分使って、友達と遊べた人なのだろうと私は思っています。
 

子供が勉強ばかりさせられて、先回りして考えたりやってくれるお母さんがいて、遊びの経験がなかったら、私みたいな困った大人になるんだろうな。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康